最近ネットで評判の「豆腐ぶっかけ丼」を作ってみた

料理男子部としてレシピの収集は欠かせませんが、主な情報源は本やネットです。ネットはお金もかからず、けっこう掘り出しものレシピも発掘できますね。

最近では「タモリ流」のレシピが人気ですね。タモリが美味しいといったら、なんだか知らない料理人が美味しいと絶賛してるより、なんかそそられるのです。

今回はタモリレシピではありませんが、今ネットで噂の「豆腐ぶっかけ丼」をつくって食べてみました。レシピは「豆腐ぶっかけ丼がおいしすぎる−平民新聞」に綺麗な写真付きで載っています。

まず材料はこちら

お豆腐、白ネギ、麺つゆ、醤油、ごま油、唐辛子。

まずは、お豆腐を半分に切りますよ。さっくりと。

たぶん、ちょうど半分になりました(笑)
そして切ったお豆腐を器に移して白ネギを刻んでふりかけ、唐辛子もたっくさんふりかけます。この唐辛子が美味しさのひみつです。

そして、お豆腐の味付けの為にタレを調合します。

麺つゆと醤油の割合が2:1になるように入れるとのこと。私の場合、麺つゆ[30cc]に醤油[15cc]という分量にしました。そして最後にごま油をたらします。これはお好みで。わたしは大さじ1杯ほどいれましたよ。このごま油も美味しさの秘訣なので、欠かせません。

この調合したタレをお豆腐にかけちゃいます。

そして、ぐっちゃぐちゃにかき混ぜるべし!

はい、出来上がり。
なるほど、なるほど。もうこの時点で間違いない”匂い”が、胃袋を刺激してきます。

これを、あっつあつのご飯の上に遠慮なしでぶっかける!そして喰らいつく。

食べる前に予想していた美味しさの、はるか上を飛んでいく美味しさです。
これはほんとに癖になる味。温かいご飯と冷たい豆腐の温度差もまた美味しさをプラスにします。
私の作ったのはネギが少なかったので、ネギをたくさん入れたほうがもっと美味しくなると思います。唐辛子も思ったより多くかけるともっといいかも。

一人暮らしでも簡単にできるし、朝御飯にももってこいな豆腐ぶっかけ丼。
みなさんも是非お試しください!