激ウマ!黄身がとろっとろな「味玉」のレシピ

どうも、中華ブームがまだまだ冷めやらぬ男子料理部です。

料理男子部推薦の中華料理の教科書「旨い中華 ―男子厨房に入る」の中で載せられている、簡単にできる”中華風ゆで卵(味玉)“が激ウマっ!だったので、今日はそのレシピをご紹介します。

 

材料(4個分)

  • 卵…4個
  • 醤油だれ
    • 酒…1/4カップ
    • 醤油…1/3カップ
    • 水…1/2カップ
    • 八角…1個

※写真は卵8個の分量になっています。

 

作り方

  1. 醤油だれの材料を合わせて煮立てる
  2. 卵を室温にもどしておき、5分熱湯でゆでる
  3. 醤油だれにゆでて殻をむいた卵をつける

1,醤油だれの材料を合わせて煮立てる

まずは漬け込むためのたれを作ります。
醤油だれの材料を鍋に入れてひと煮立ちさせましょう。

鍋を火にかけているとだんだん、八角のいい香りがしてきます。ただ煮詰めすぎると八角の香りが強く出てしまいますので、ひと煮立ちしたら火を止めましょう。

それから、八角を取り出して漬け込む為の容器にひと煮立ちさせた醤油だれを移して冷ましておきます。

わたしは丸型のジップロックを使用しました。漬け込む時に卵が醤油だれに完全に浸ることで、まんべんなく味が染み込みやすくなります。

2,卵を5分間ゆでる

醤油だれを冷ましている間に卵をゆでていきましょう。

室温にもどしておいた卵を、沸騰しているお湯の中に入れて5分間ゆでます。


黄身がとろっとろになるためのポイントが、ゆで時間の5分です。ゆであがった時点では中身がとろとろしすぎている感じですが、醤油だれに漬け込むことで”とろっとろ”に仕上がります。

5分ゆでたらざるにあげて冷水でさまし、殻をむいておきましょう。

殻をむく時、丁寧にむかないと白身が割れて中から黄身が飛び出てくるという事故がおきますので注意!

3,醤油だれに卵を漬ける

冷ましておいた醤油だれの中に卵を入れて漬け込みましょう。

本には2時間以上漬けるようにと書かれていましたが、2時間だと醤油だれが黄身まで染み込んでいないので、1日くらいつけると味が染みこんで美味しいです。

完成

一日漬け込んで「味玉」の完成です。こんなかんじ

どうですか皆さん!美味しそうでしょう!
トップ画像の「旨い中華の完成写真」と比較しても、遜色ないできではないでしょうか。

でも味は…はい、間違いないです。激ウマでございます。
しっかり味が染みこんだ”とろっとろ”の黄身と独特の八角の香りがマッチしていて非常に美味しいのです。

言ってみたら「半熟卵を醤油だれに漬け込んだだけ」なので、だれでも簡単に激ウマな味玉を作ることができますよ。皆さんもぜひぜひ作って食べてみてください。